FC2ブログ
.
.
.
.
.

雑談

もりやねこのうまい堂の活動報告や作品紹介とかのテキスト中心のブログ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/05/29(日)
家の近所のコンビニで、久しぶりに商業誌の美少女ポルノコミック雑誌を読む機会がありました。

そこのコンビニは自由に雑誌の中身が見れるタイプだったので、パラパラと某誌の中身を
確認が出来ました。

私は普段はポルノコミック類と云ったら、基本的にコミケットや虎の穴で購入した「エロ同人誌」しか
読まないモノでして、商業誌を読む見るというは本当に久しぶりになります。

因みに「立ち読み」です。(価格が高いんで中身を確認しないと中々買えない)
あとコンビニと云ってもメジャーなチェーン店ではないです。
なので中綴じ本ではない方の本も置いてあります。(B5サイズで700円クラスの)
その「結構ハードな展開が期待出来る」雑誌の方を見ました。
セブンイレブン等で売っている中綴じ雑誌は、あんまり期待出来ないんで。


その感想なんですが・・・

『オッパイをドーンと表現した作品が多い』
これはまぁ巨乳好きが読者にも作者にも多いからんんでしょうけど。
編集の方針や趣味もあるのかも(男女の性器がメインだと修正が大変だから)

『丸っこい顔のキャラが多い』
基本的に「美少女」なキャラなので「少女」つまり「ロリコン受けするキャラ」
になるので、これは仕方の無い事なのかな
「子供キャラばかり」という感想を持ちました。
正直こういうの苦手です(そういう専門の本ならイイのですが)

『女性が受けで男性が責め』
これは大昔からのよくある傾向ですが、今もまぁそんな感じなのですね
「強引に女の子を」という展開が多くて少々ウンザリです。

『アクロバット的な体位や構図やコマ割りが多くて見づらい』
まぁこの辺は単純に「流行り」なんでしょうけど個人的には嫌いです。
大昔は少女コミックでよく見られた複雑なコマ割りですが
今はそういうの男性女性関係無く使われているんですね。
個人的にはキッチリしてるコマ割りで、映画の様な雰囲気のが好きです。

『読者ページでの投稿イラストが全て高レベルの絵』
これも時代なんでしょうね。へったくそな絵が一枚も採用されていないです。
流石にフルカラー投稿作品の掲載ではありませんが。


こんなところでしょうか
「子供絵ばかり」「女の子を強引に」というのが多くて
見たり読んだりするのが、とても辛かったです。
当然「欲しい」とも感じず購入はしませんでした(高いし)

雑誌の中身を確認して、気に入った作品が有ればその作家さんのその作品が収められた単行本が欲しいと
思いましたが(余計なノイズ的な作品は見たくないので)
その時に見た雑誌には、たまたまそういう作家さんが居ませんでした。

もっと色々な雑誌を見る機会が有れば、中には何人か個人的に好みの
絵柄や展開があるかもしれませんが。

因みにスポーツコスネタでも「すぐ脱がしちゃう」「巨乳キャラ」「ロリキャラ」
「結局は本番がメイン」という作品は、あまり興味が湧きません。
最近はたま~に「競泳水着」ネタがあるので楽しみにしているのですが・・・
あと定番の「スクール水着」「ブルマー」も
陸上ブルマーやレオタードは・・・中々無いですね~
まぁ例え存在していても「巨乳」「ロリ」「ずらし本番」なのでしょけれど。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]
.
.
.
.
.
2016/04/21(木)
足の角質取るパックを試してみた

価格が一番安いのでチャレンジしてみたけど
一週間目でやっと効果が出てきた感じ

一週間したら足の裏から粉状のが大量に出てきて
お風呂で足の裏を擦ったらボロボロと角質が取れ出した

流石に初回という事と元から角質がかなり硬かった事で
一番硬い部位はあまり取れなかったけれど
それ以外は綺麗に取れた

まさに「赤ちゃん肌」
これには驚き

定期的にやってみたいなと感じた
.
.
.
.
.
2016/03/30(水)
2016年の冬アニメで個人的に面白かったモノは・・・

●ヘヴィーオブジェクト
一応はロボアニメ・・・なのかな?セリフ回しが結構楽しめた
あと女キャラの「オホホ」さんがチャーミングで好きだった

●ゲート(二期)
炎龍編がわりと長いのかな?と思ったが前半ですんなり終わった感じで
チョイと残念と感じたが、後半の展開が楽しめた

●無彩限のファントムワールド
京アニ製だから観てたが割とはっちゃけた内容で愉快だった
スク水回が好き

●ハルチカ
チカちゃんが可愛いってダケで内容的には少し残念な気がした
実写ドラマ化で観たい気もした
マントヒヒに捧ぐ

●僕だけがいない街
凄く面白かった
毎週ホントに楽しみで観てた

●アクティヴレイド
女子キャラが皆自分の好みな体型で好き
同人で描いてみたい

●だかしかし
OPの絵とEDの絵と歌が超最高!
中身もまぁ楽しめたが竹達さんのボイスが聴けたのが幸せ

●紅殻のパンドラ
なんか妙なノリが割と楽しめた
毛根を全部引っこ抜いて

●この素晴らしい世界に祝福を!
今期トップの面白さ
くだらねー内容だが毎週ワクワクして観てた
宮崎ピーマン

●グリムガル
画面や作りの雰囲気が割と好み
個人的には二期目を期待しているが無理だろうなぁ

●少女たちは荒野を目指す
不満バリバリだったが最後まで観てしまった
様々な設定のチューニングが甘いんだが原作通りなのか

●ギャル子さん
メッチャ楽しかった
是非30分で観たかったオモシロ作品

●シュヴァルツェスマーケン
正直楽しめたのかつまんなかったのか判らなかった
最初はもっと別な展開を期待していた

●最弱無敗のバハムート
井澤詩織さんが出てたから観てた程度でした

●ディメンションW
最初の数話だけ楽しかった
.
.
.
.
.
2015/12/20(日)
復活を果たした小豆梓の考えに賛同した新人が「ガンダムオルフェンズ」の最速登録に高画質を持参して参加

これを見た担当の大物登録人C氏が新人の登録した「ガンダムオルフェンズ」を荒らして撤退を迫る

新人を擁護した中堅の登録人が通報されてアカウントを凍結される

新人や中堅の登録人と仲が親しかった九州在住SEの古参エンコ人が突如アカウントを消して失踪

大物登録人C氏が新人と交渉決裂した途端、新人のアカウントを通報するように視聴者を煽動して大荒れ
http://megalodon.jp/2015-1217-0522-50/himado.in/305007

戦争終結を望む大物登録人C氏お抱えエンコ人の一人がC氏を説得して表向き謝罪させる
裏では大物登録人C氏とお抱えエンコ人が結託して「オルフェンズ」の新人に担当入りしなければ潰すと恐喝

誰かさん200感謝 おー怖い怖い。
大荒れになったらヤクザのケジメみたいに裏で〆て形式上解決したように見せるのか
こんなくだらん事やってる暇があったら200早くしろよ。
わざわざ朝6時近くまで待ってるんだから荒らし呼ばわりなんてお門違いだ
.
.
.
.
.
2015/11/26(木)
1446028413176.jpg

劇場版ガールズ&パンツァーを、地元の映画館で観に行ってきました。

しかし…
公開して数日後ですが平日の早朝初回だからという事で
一冊800円のパンフなんか余裕で買えると思ったのですが
映画を観る前の地点では「売り切れ」状態で、なんと買えませんでした。

なのでパンフレットはとりあえず諦めて素直に映画の方を先に観ました。
どうせ二回くらい観る覚悟はあったので「次に買えばいいや」と。

尚、第一週目の来場記念の「ミニ色紙」は平日の朝初回でも無事に貰えました。
因みに「カチューシャ&ノンナ」の絵柄でした。

映画の方は上映時間が何と120分
尿意が怖かったので映画を観る前に水分は控えました。
そのせいで120分間一回も席を立たずに済みました。

というか、120分間があっという間に終わった感じです。

こんな経験は「マッドマックス怒りのデスロード」以来です。

eiga02.jpg


さて内容の方はというと…
「ガルパンファンの為のお祭り映画」なノリです
映画「ラブライブ!」と同じですね

超気合入れて作った120分間映像を劇場で大画面で体感して「キメる」映画です

それと有名な戦車の軍団が「こち亀」の様なおバカな展開で大暴れする物語でもあります

あとTVシリーズで描き切れなかったキャラたちを、劇場版という事で面白おかしく表現していたのが
ユニークで楽しかったです

その分、既にある程度はTVシリーズやOVAで描き切ったキャラは
地味目な活躍で、今回の劇場版ではあまり目立ちませんでしたね
いや全く活躍しない訳では無いのですが

あと劇場版用の新キャラがメッチャ面白く活躍して正直大笑いしました。
知波単学園のメンバーたちが旧日本軍みたいに
「~であります口調」「英語を話さない」「やたら突撃!ばかりして玉砕を好む」とか
今現在に冷静に見て「アホばかり」に見えちゃうところがユニークでした。
なんかこの辺も「こち亀」で昔見たネタですよね

何かもう「チキチキマシン猛レース」「こち亀」的な悪乗りが映画版で炸裂してた感じです
まぁ戦車同士のバトルですが、戦争じゃなく、あくまで「スポーツ」ですから
爆弾で大爆発しても「あいたた…」で済む世界観なんで

しかしその大爆発シーンや戦車軍同士の大戦闘シーンは、かなり迫力がありました
重たい金属同士がぶつかり合ったり吹き飛んだりと重々しい重戦車の描写は
凄まじいです

今回の劇場版も漫画「キャプテン」の要素もあるので、弱小チームが巨大なチームを
何とか倒すという燃えるシチュになっています
しかし最初は「こんな相手なんかこのメンバーだけで倒せる訳ないじゃんよ」と絶望しますね

けれど凄まじくインチキ臭い作戦で何とか勝っていっちゃう所は、笑えます

しかし流石に「超天才」の出現には勝てません
後半に味方たちはボコボコに、この天才にやられていきます

ガンダムで例えるならエースには何とか勝てたが、ニュータイプの出現には
勝てなかった…という感じでしょうか

とにかく今回最強ボスの登場にはマジに「震え」ましたね
キャラの容姿といい、乗車の戦車の性能といい
まさにラスボス!(キャラの見た目は???ですが)

ガンダムでいうと「エルメスのララァ」「ネオジオングのフルフロンタル」「ラフレシアの鉄仮面」

これ、マジどーやって倒すの??って感じで
ラストバトルを迎えます……。


いや~ともかく劇場版ガルパン
ちゃんと大スクリーンの映画館向けのエンターテイメントしてました
完全新作だしお金出して見応えあり!という感じですわ
「まどマギ」の様な「画面の情報量過多」な作品なので
映画も何度も行ったりBD化したら即購入する価値が
絶対にあると確信しました。

あと今後出版される関連書籍も必ず買いたいと思います
模型の方も…まぁ売ってたら


今年は「マッドマックス」「ラブライブ!」「ガルパン」
あと「スターウォーズ」と、映画は私個人的に大当たりな年になりました。

スターウォーズはまだ観ていませんが、恐らく…です。


因みに、パンフレットの方は…

観終わったお昼頃には再入荷していて
無事に買えました。
.
.
.
.
.

 | Copyright © もりやねこの同人サークル「うまい堂」のブログ All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.